headeranime
石井 庸介石井 庸介

日本医科大学 心臓血管外科は、1964年に最初の心臓手術を行いました。心臓血管手術を黎明期から始めた数少ない施設の一つです。半世紀以上の伝統と実績を誇ります。以来、伝統に甘んじることなく、冠動脈バイパス術、弁膜症手術、心房細動・不整脈手術、大動脈手術、末梢血管手術、下肢静脈瘤手術、小児循環器手術、ペースメーカなどのデバイスリード抜去術の各領域の専門家を擁して最先端の外科治療を行ってきました。

低侵襲手術にも力を注いでおり、オフポンプ冠動脈バイパス術、左小開胸冠動脈バイパス術、右小開胸内視鏡下 大動脈弁置換術・僧帽弁形成術、内視鏡下心房細動手術を数多く行っています。多くの患者さんから満足いただいていると共に、関東近隣の循環器病院、クリニックよりご紹介いただいております。さらに小・中学生の川崎病冠動脈後遺症に対する冠動脈バイパス術なども行っており、成人だけでなく小児循環器の手術に対しても全国各地の大学病院や循環器専門施設から治療困難な患者さんを数多くご紹介いただき、治療しています。

循環器内科、心臓血管集中治療科、放射線科、高度救命救急センターと協力して日本医科大学 循環器チームとして365日 24時間体制で緊急手術に対応しております。その上、経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI)や補助循環用ポンプカテーテル(IMPELLA)などカテーテルを用いた治療に対しても循環器内科と合同で最先端の手術を行っています。大学病院ならではの高度な医療を提供するとともに、各診療科の垣根が低く“日本医科大学らしい緻密な連携(ハイブリッド手術)”も得意としています。
その上、再生医療、心臓電気生理、心筋虚血、大動脈瘤、シミュレーション医学など多方面の基礎・臨床研究を行っており、多くの大学院生が研究を行っています。

日本医科大学 心臓血管外科は

  • 1.伝統に甘んじない 最先端で高度な医療
  • 2.低侵襲の手術
  • 3.断らない緊急手術
  • 4.強力なチームワーク
  • 5.実臨床に根ざした研究と基礎研究を応用した臨床

を目指して、日々努力することを誓います。

海外留学経験者も多くおり、女性医師も複数おりますので、海外からの患者さんも女性の患者さんも安心していらしてください。術後の心臓リハビリテーションにも力を入れておりますのでご高齢の方も安心して受診して頂きたいと思います。


部長 プロフィール

資格

  • 日本外科学会
  • 認定医・指導医
  • 日本胸部外科学会
  • 正会員・認定医・指導医
  • 日本循環器学会
  • 専門医・代議員
  • 日本心臓血管外科学会
  • 専門医・修練指導者・国際会員
  • 日本不整脈心電学会
  • 理事・評議員
  • 日本不整脈心電学会
  • デバイス委員会 副委員長
  • 日本不整脈心電学会
  • 分野間交流部会 部会長
  • 冠疾患学会
  • 評議員・FJCA
  • 日本冠動脈外科学会
  • 評議員
  • American Association for Thoracic Surgery(AATS)
  • Member
  • The Society of Thoracic Surgeons(STS)
  • Member
  • The European Association for Cardiothoracic Surgery
  • Member
  • American Heart Association
  • Member-Council on Cardiovascular Surgery & Anesthesia
  • Heart Rhythm Society
  • Member
  • The International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery
  • Member
  • The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery
  • Member


メッセージ

精緻で安全な手術を提供するべく努力しています。技術を極めることは外科医として当然のことです。それだけでなく、患者さん・ご家族に寄り添った医療を行うように心がけております。安心していらしてください。